Home » 🩰今の日本のバレエ界の現実と…闇、未来のバレリーナに知ってもらいたい事

バレエで収入を得ることの難しさ

これからバレエダンサーを夢見る未来のバレリーナたち、その保護者に知ってもらいらい事です。

日本のバレエ界の現状はお世辞にも良い環境とは言えなくて、ほとんどのバレエダンサー、特に女性はバレエダンサーとしての収入は0に近い人がほとんどだし、何ならバレエ団所属(バレエ教室によっては生徒の⚪︎⚪︎⚪︎が国内⚪︎⚪︎⚪︎バレエ団に就職しました!と言ってるところも多い)と言いながら、お給料が支払われるどころか、バレエ団に『団費』を払い続けているって事も少なくない。一握りのバレエ団を除いては福利厚生なんてあるわけない所がほとんどで全て自己責任。

その場合、ほとんどの場合、自営業になるから国民年金に自分で加入する。

その上、公演に出て主役級の役を貰えたと思ったら、報酬をもらえるのではなく、逆に大量のチケットノルマが課されるバレエ団も減ってはきているけれど、いまだに存在する。

結局、自分が踊るためにバレエの先生としての仕事を単発でやったりアルバイトするか、裕福な家庭な場合は小さい頃からの習い事の延長線で親の脛かじってバレエを続けている人が大多数。親も得に娘の場合、踊ってる姿が見たいから30過ぎても40過ぎてもお金を出し続ける場合もある。それによって老後にどうなるか、先行き不透明な人が多い。

バレエはお金がかかる、お嬢様の習い事と世間から思われるのはそこが要因。(バレエには魅力があって、舞台には魔物が住んでる。。。一度沼るとそこから抜け出すのが大変。それでもなぜ舞台に立つのか…。舞台に立つ事だけが自分の存在を認めてくれる、自分には価値があるのだと感じるような錯覚に陥る。)

国内でバレエダンサー/バレリーナとしての収入だけで生活できている人は現在、果たしてどれだけいるんだろう…。

だから私は生徒達によく言っていました。

「バレエダンサーを本気で目指すならとりあえず英語を勉強して海外へ行け!」と。

日本のバレエ人口は世界一!の裏側は…

日本のバレエ教室の数だけは世界一!だから、レベルが高く才能のある生徒がたくさんいて、海外で活躍するダンサーも増えてきている。YGPのニューヨーク決戦結果でも分かる通り、日本人の12歳前後の才能ある子達が溢れてる。そのくらいの歳で海外のバレエ学校にいけると語学力も精神面も鍛えられる。もちろん挫折してしまう子も多いのだとは思うけど、帰国後に習得した言語を活かしつつ、バレエではない学び直しもできる。もちろん成功して世界で活躍するダンサーになる人も少なくない。

バレエ教室側も若くて才能ある子が巣立ってくれたら、また下の世代に力を入れられる。

この20年間で、バレエの先生達の世界を見てきた。

日本のバレエはコンクールが付き物。フランスのバレエ(フランスのバレエの先生はデュプロマ持ってないと指導できないけど、日本のバレエのようなガツガツ感ないところが多い。)と違って、各お教室はレベルを上げるために海外から有名な先生を招待して生徒のレベルアップを図るところも多い。

そうして、生徒がコンクールで一位を取ったり、有名な海外のバレエ学校のスカラーシップなどを取ると新規生徒が増えやすい。だから、各バレエ教室は才能ある、条件の良い生徒が多くいて欲しいと思う。

もし、私みたいにO脚の内股の生徒ばかりが入ってきたらゲンナリしてしまうと思う。でも、幸い、最近の子達は脚がまっすぐで綺麗な子が多い。そうすると、生徒の方でも、もっと有名な先生の下でもっと上手になりたいという欲が出て、簡単にバレエ教室間で移籍をしてしまう。

私は人付き合いが苦手なため(極度の人見知り)、有名なバレエの先生=「偉い先生」(偉いと言われる先生で実際にエラいのかはわからない)のご贔屓に預かろうと思ったり、そういう先生達とのコネクションを敢えて作りたいと思った事はなかったけれど、生徒達が上達し、コンクールで上位入賞するにつれ、知らなくていい世界に片足突っ込まされた事もあった💦

力の強いものが勝つ。

弱肉強食の世界。

日本のバレエ界のダンサーも厳しいし、バレエ講師の世界も先生達がひしめき合っているし、少子化もそれに拍車をかけて厳しくなる一方。

今、現役で海外で活躍しているダンサー達が日本のバレエ界の未来のダンサーを育てる指導者の立場になって日本に戻ってきた時に日本の狭いバレエ界でどれだけ新しい風を巻き起こしてくれる元ダンサーがいるのだろう。高齢の指導者達が幅を利かせて自分達の利権のために裏で潰しにかかったり、権力や派閥がものを言わせるような状態ではない事を願ってやまない。

だから、本気でバレエダンサーを目指す今の若い人たちには収入を得るため、自立した生活をするために考える力をもつ事を強く勧めます。そして、高校卒業後すぐじゃなくても良いから、バレエ以外のことができるように外国語(特に英語)を完璧に習得したり、学業を疎かにせず、大学できっちり学んで大卒の資格を取る事を強く勧めます。

そのためには逆境に負けない強い精神力、諦めない心、語学力の習得が重要な鍵となってきます。

Home » 🩰今の日本のバレエ界の現実と…闇、未来のバレリーナに知ってもらいたい事