マニュアル車(MT)の免許🚗

もちろん場所によりますが、本気でパリ以外のフランスに移住するならMT車の免許はあった方がいいと思います。

何故なら今だにマニュアル車が多く、AT車(オートマ車)が少ないからです。私が乗っている車ももれなくマニュアル車。日本だとまず使う事はないけれど、ここフランスに来て一番持っていて良かったと思うものの一つでした。

パリだと車を運転する必要はないけれど、郊外だと車は必須。そして、AT車は普及してるものの、日本の比ではないし、MT車に比べてお高め。

もちろん、車を運転するには国際免許証かフランスの免許への書き換えが必要になります。

英語力または🇫🇷フランス語力

やっぱりなんと言っても語学力は必要。最低限の語学力がないとどんな形で来るにしろ、結構きついように思います。フランス人は優しい人も多いんですが、結構冷たい人も多い。

一回、銀行に用があって電話をしたら

「貴女に話が通じないから切るわ!」

と言って電話を切られた事があります。もちろん、フランスの銀行に電話するっていうシチュエーションはあんまりないとは思いますが、数年でも移住するなら、買い物でもトイレの場所聞くにも多少は英語なり、フランス語なりを知っておいた方が楽なような気がします。

※パリは英語が通じるけれど、私が住んでるような田舎だと本当に英語が通じない場合が多いから、フランスの田舎に移住したい場合は(あまりそんな人いないだろうけど・・・)フランス語力必須。

フランスビザの種類を考慮する

・ワーキングホリデー

ビザが取りやすい。無料でビザが取得できる。

マイナス点:年齢が決まってる。1年で必ず帰国しなくてはならない。

※子供同伴では取得できない!

・ビジタービザ

マイナス点:働く事ができない。経済証明書の金額が大きい。住居等を事前に決めておく必要がある。フランスの保険に入れないから、自分で海外保険に加入が必要。

・長期学生ビザ(VLS-TS)

マイナス点:取得するのが年々難しくなっている。フランス政府認定の語学学校選びが最も重要。フランスで語学の習得や学びを大切にすることを目的とするビザだから、ちゃんとした目的意識が必要。

・タレントビザ

何か特技などを持ってないと難しいと思いますが、芸能人の方や何か特別な芸や仕事力がある方などは、実績が証明できれば取りやすいビザかもしれません。

・就労ビザ

就職先を探すのは困難だけど、暮らしていくには金銭面での不安要素がない。海外で活躍するバレエダンサーの多くが就労ビザを取得してダンサーとして活躍している。

Home » 🇫🇷フランス移住、必要だと思う事、資格、ビザ、語学力