Home » 🩰バレエで生活できない/国内のバレエダンサーは仕事として食べていけない
🩰仕事として生活のためにバレエに向き合う事の難しさ

バレエは仕事じゃない。ただの道楽。それは私の父が常々私に言って来た言葉。父は私がバレエを続ける事に大反対でした。なぜならそれが職業として成り立っておらず、食べて行くにはものすごく狭く厳しい道だったから。

だから、度あるごとに「バレエは勉強の邪魔だ!バレエばかりやってるから勉強が疎かになるんだ!」と言っていました。でも、私はその度に絶対にバレエで生活をするんだ。バレエで収入を得るんだ!と強く思って来ました。

・日本でバレエを教えるのに先生の資格はいるの?

私とバレエ人生

20年以上バレエの教えをやってきて、これからもバレエの先生として人生を続けていくものだと自分でも思っていた。子供が大好きで、特に子供達のキラキラに輝く目が好きだった。

人生は真っ直ぐな道じゃなくて、いつも分岐点があって、その度に選択を迫られる…。バレエの先生というちょっと一般的ではない仕事も母子でフランスに移住するという道も自分で選んだ道で、今振り返るとそれぞれの点と点が繋がっていて、だからこうだったのかな、という事がよくあります。

バレエの先生として過ごした20年はものすごく幸せで、多くの人達に支えられてきました。色んな事があったけど、どんな事も信頼してくれる保護者と生徒達と一緒に乗り越えられてきた気がします。(大変な事もたくさんあったけど。)

私自身はバレエの教授法を海外で学んだことはなく、デュプロマもないし、メソッドだって日本でよくあるアラカルト的な教え方だったと思います。(私の先生方はワガノワメソッドの看板を掲げている方ばかりだったけど、実際は全然ワガノワメソッドじゃなかった。)

根拠のない自信と運(チャンス)を逃さないアンテナ

それでもこうやって20年以上もの間バレエの先生として地域に根付いた活動ができたのは私のバレエの技術というよりも根拠のない自信と運が味方してくれたことが大きいと思います。私の踊りの技術だけ考えたらバレエで食べて行くことは到底できなかった。正直、生活自体ができなかったと思う…

運がなければ生徒さんを集める事ができない。キレイ事ではない、実力だけではない世界です。どんなに素晴らしいダンサーだったとしても、海外でのプロバレリーナとしてのキャリアがあっても、タイミングや運が悪ければ今のこの日本の状況下で生徒さんは集まってくれません。つまり、バレエダンサーのキャリア引退後にそれまでのバレエ人生で培ったてきたことを活かしてその後の長い人生、生計を立てる事はできません。

私はよく生徒達に、

私よりも上手にダンサーは何百万人もいるけど、私がバレエの先生をやれているのは諦め図に、自分を信じてチャンスを逃さなかったから。

と話していました。チャンスは誰にでも平等にあるはずだと思っています。そのチャンスを活かせるかどうかは自分次第で、どんなにバレエが上手でも諦めてしまってはチャンスが掴めない。雑草のように粘り強く、種を蒔いて広げていくしかないですが、親の脛を齧り続けて30代、40代、ましてや50代になるのも問題ではあると思います。

どこで自分の人生を見極めるかが、とても難しいです。

私がバレエ教室を作るまで

自分でバレエ教室を立ち上げ、運営して16年間。その間に生徒達の成長してきてくれた事が何よりの喜びでした。国内コンクールでは1位をはじめ、上位入賞を取る子達も多く、バレエ留学のチャンスを頂いた子もいました。でもそこに至るまでには様々なところでバレエの先生をやってきました。

最初は習っていたバレエ教室の助手、そこからどんどん広がって行って時には家から2時間くらい電車とバスを乗り継いで毎週通ったお教室もありました。都心の、バレエがメインじゃないダンススタジオでバレエを教えていた事もありました。どれもこれも経験値が上がるものだったけれど、各所を点々とした単発の「教え」はそれだけで食べていくには程遠かったです。それでも結果的にシングルマザーでバレエの先生として生計を建てられたのは一重にその当時の生徒代表の保護者がスタジオ作りを勧めてくれたおかげで、今でも感謝しても仕切れない思いというか、私は一生その保護者に足を向けて寝る事はできません。

人との出会いを大切にする。それも人間としてバレエ以上に重要なことだと思います。

借金してレストランを改装して作ったバレエスタジオ